2019年6月24日月曜日

エンジニアの仕事 - 原子力プラントの品質管理

2016年入社(名城大学卒)

-私の仕事

メーカより購入する原子力製品の品質管理業務で、おもに配管に取りつく弁および支持構造物を担当しています。メーカが作成する製品の検査についての要領書のチェックおよび修正依頼、客先である電力会社に対しての検査要領書を作成します。また、製品の品質を確認するための検査への立ち会い、電力会社が立ち会う際の検査対応、メーカとの調整をします。さらに、検査記録の確認や、問題がなければ出荷の許可を出すというようなこともします。製品検査、出荷という後工程の作業なので製品の納期に気をつけながら、上流の仕事である設計課、納入先である電力会社、製品を作成するメーカなどいろいろな人と関わります。所属課だけでは足りない情報もありますので、他方面へのコミュニケーションが必要となります。工程や検査時期を把握しながら他部署の作業状況の把握も確認し、計画を遅らせないようにチームメンバーと共に努めています。


-楽しいところ

実際に物を見て作業ができるところです。図面だけ見ていると平面でしか物を見れないのですが、実際に検査に行く際に物を見ることで、どのように作動するかを見ることができ、これから製品がどのように納品され、どのように取り付けられるかという流れが見えるところが楽しいです。

-厳しいところ

配管に取り付く弁および支持構造物は物量が多く検査要領書、検査記録の確認が多くあり、また検査の立ち会いの回数も多いので、如何にチーム員に割り振るかが難しいです。また、上流の作業の状況により、作業がストップする場合もあるので、関係課の情報も常につかむ必要があります。たまに頭がパンクしそうになりますが、頼れる上司、チーム員の方が相談に乗ってくれますので、考えをまとめることができています。

-出張や残業

おもに大阪への出張が多いのですが、福島、鹿児島といった遠方への出張もありました。内容としては製品の検査立会が多いのですが、客先やメーカとの検査打ち合わせなどもあります。多いときには、月に7回くらいあることもあります。残業時間は月に30~40時間ほどで、忙しいときには40時間を超えるときもあります。

-仕事で身についたこと

他方面へのコミュニケーションを必要とする業務ですので、コミュニケーション能力が向上したと思います。また、スケジュール管理に以前よりも敏感になりました。製品納期より、検査日時を逆算し、検査日時から要領書の提出日および上流作業である図面の出図時期をスケジューリングし、時期が近付いたら図面のフォローやメーカへの要領書の提出の呼びかけなど先を見て作業ができるようになりました。次に、多くの規格を基に要領書は作成されているので、JIS規格等の規格についての知識が身に付きました。

-この仕事に向いている性格

忍耐力のある人または向上心のある人だと思います。時に図面が検査日に間に合わないこともあり、メーカに謝りを入れないといけない場合、または客先より厳しいコメントが来る場合もありますので、そこでどれだけ誠意に対応できるかが重要となるからです。また、原子力関係の法案およびJIS規格などは改定などがありますので、それらの情報をまめに吸収することで、メーカや客先への質問にスムーズに回答できるからです。

-休日の過ごし方

映画鑑賞が好きなので、月に1~2回は映画館に足を運びます。また、野球観戦をしたり、本屋で本を探したりしています。大学の友人と予定が合えば山登り、小旅行に行ったりしています。今のブームは、毎週土曜日にラーメンを食べに行くことです。

社員旅行のタイにて

2019年6月8日土曜日

エンジニアの仕事 - 防衛機の電装設計

2018年入社(近畿大学卒)

-私の仕事

自衛隊、海上保安庁や米軍の様々な航空機の電装設計やマニュアル改定作業を行ってきました。主な作業としては機体の配線経路を表す結線図の作成や、配線用ケーブルやコネクタなどの部品の調査・検討・部品データの整備を行いました。使用ツールは、CADAM(2D)、CATIA V5(3D)、アクセス・ワード・エクセル・パワーポイントなどで、専門的な知識やスキルが身に付きました。


-楽しいところ

たくさんの先輩方から業務に必要なスキルや、自身にとってプラスになることを多種多様に学ぶことができ、毎日充実した日々を過ごしています。

-心がけていること

2つあります。1つめは、報・連・相を行うこと。当たり前のことですが、実はこれが一番といっていいほど難しい。自分では問題なくできていると思っていても、実際は間違っていることもあり、作業進捗の報告とともに確認を行うことが必要です。コミュニケーションの一環にもなるので、急なスケジュール変更への対応や問題点の早期発見につなげる為にも、報・連・相はこまめに行うよう心がけています。2つめは相手の目を見て話し聞くこと。メモを取ることに必死で目線を落として話を聞くより、しっかりと相手の目を見て聞くことで、一字一句集中して聞くことができ、理解が深まり、すんなりと疑問点をクリアできると思っています。

-職場の環境

コミュニケーションが気兼ねなくでき、分からないことなどは経験豊富な先輩方に丁寧に教えていただけるので、業務にすぐに慣れていくことができる環境です。まずは自ら動いて知識や情報を吸収することでスキルアップにつながる職場だと思います。勤務時間は8時~20時なので、毎日3時間ほど残業をしています。

-この仕事に向いている性格

正直なところ分かりません。なぜなら、性格というのは変わることができるからです。逆を言えば感覚は変えるのが難しいと思います。なので強いて言えば、『感覚を研ぎ澄ませる努力ができる人』。そのために大切なのは固定概念を捨てることです。自分が考えていることと他の人が考えていることは、たとえどんなに小さなことでも違うということ。相手の意見等から自分が思ったことは、真っ向から反論するのではなく、一度くるっぱっと考えてから相手に伝えるよう心がけています。

-現在の目標

小学生の頃からの夢であった宇宙の仕事(ロケット開発の解析業務)がスタートするので、次はこの仕事の一流を目指し、いつの日か自ら開発したロケットに乗り宇宙に旅行ができる時代が来るように頑張ります。そして夢はいつまでも持ち続け、ロケットのような人(常に上を目指し、ただひたすらに上昇し続ける人)になりたいと思っています。

-休日の過ごし方

草野球チームに入っているので、土日は練習・試合をしたり、趣味の写真撮影に出かけることが多いです。長期休みの場合は、長距離ドライブに出かけたくさんの場所へ旅行に行きます。プライベートの夢は日本全国47都道府県制覇することです!

-就職活動についてアドバイス

自分の大事にしていることがどんなに小さなことでも何かあると思います。それを貫き、もしその延長線上に夢があるなら、目指し挑戦すべきです。就職活動は人生においても大きな岐路の1つになるでしょう。自分を信じ、周りに流されず、己の歩むべき道を見つけてください。



趣味で撮影した写真

2019年6月6日木曜日

エンジニアの仕事 - 工作機械設計

2015年入社(大阪市立大学卒)

-私の仕事

金属加工部品を作り出す工作機械を扱っています。材料の搬入→加工→検査→完成品の搬出をすべて自動で動かせる装置です。工作機械には基本となる標準仕様があり、標準をベースにそれぞれのお客様の要望を満たしたものを製造していきます。同じ製品を量産ということではないので、たくさんの部署・人達が関わってきます。その中で、私は時間のかかる長納期部品や長納期ユニットを先行で設計・手配をするチームに所属しています。すべての納期が厳しい上に生産台数も拡大傾向にあるため、「どうすれば早く作れるのか?」「どうすればやり直し作業を減らせるのか?」ということを主に考えています。


-仕事のやりがい

入社後2年ほど航空機の設計変更(CAD業務)をしていました。その頃と比べると「覚える」ことに加え「考える」ことが多くなりました。ものづくりの流れを把握しなければならず、設計以外の作業も幅広く携わっています。先行で動くためお客様の仕様が決まっていないことも多く、お客様の要望を満たすために他部署の方に相談したり、前回のお客様担当の方に当時の状況を教えていただいたりして、そのお客様仕様の傾向を知っていくことが楽しいです。また、トヨタ式の社員教育・改善活動を取り入れるために特別なワークショップ(OJT活動)に参加させていただけたのですが、新しい視点が増えてすごく勉強になりました。

-この業務に必要なこと

すべての仕様が異なることが大変なので、効率良く作業をしないと時間がいくらあっても足りません。しかし同じお客様向けの機台だからといって、何でもかんでも流用、というわけにもいきません。お客様の要望も日々変化していきますので、勝手な思い込みで進めてしまうのは危険です。先行で動くからこそ他部署との連携が重要であり、コミュニケーションが必須となってきます。「初めて見る」「毎回違う」という意識も持つようにしています。

-職場の環境

デスクが大きく、デュアルモニターを用意してくれるので作業はしやすいです。同じフロアに自社の社員さんが多くいるので相談もしやすい環境ですし、客先の社員さんも丁寧に教えてくださいます。お昼は食堂や売店を利用しています。月に一度お菓子の特売日や、食堂前に移動販売車が来て焼き立てパンを食べられることもあります。客先の飲み会は航空機にいた時に比べ頻度は少なく感じますが、自社の飲み会もあるので総合的には丁度いい頻度だと思います。残業は月に40~50時間くらいです。

-シーアールイーで良かったこと

ボーリング大会にて

お花見・創立記念式典・海外旅行・一泊慰労会・ボーリング大会といったイベントが豊富なことです。その中でも毎年海外旅行に行けることは他社にはないすごい所だと思います。社会人や所帯持ちになってくると疎遠になりがちな海外旅行に行く機会を与えてくれることは良いことだと思います。またそういったイベントを通して上司との距離も縮まり、職場の話からプライベートの話まで、様々なことを話せる機会も多くなります。他の会社にいる友人は偉い人と話す機会はほとんどない、と言っていたので、特別なことなんだなと感じています。

ハワイ旅行にて

2019年6月5日水曜日

エンジニアの仕事 - 機体システム設計

2012年入社(帝京大学卒)

-私の仕事

防需固定翼機の機体システム及び装備品において、機体運用中に発生した不具合の調査や対策の検討を行っています。他にも、コストや手間を抑えるためにどうすれば部品の交換を少なくできるか、整備性を向上できるかの改善検討を技術的な側面から行っています。主な作業としては実際に飛行機を使っている自衛隊の部隊からの質問のうち、技術的な内容に関するものの調査や検討を行っています。質問の意図を理解し、質問者が納得のいく回答をすることを心がけています。


-使用ツールは?

CADAM(CCD)、CATIA V5、ワード、エクセル、パワーポイントを使用しています。

-仕事で身に付いたこと

いくつかの業務を並行して進めるため、業務の優先順位を考えて進める等、業務管理能力が身に付きました。技術的な面では、油圧、操縦、降着、脱出といった様々な系統を担当するので、専門的な知識や設計ツール(CATIAやCADAM)の操作スキルも身に付きました。

-職場の環境は?

業務についての相談や雑談等が気兼ねなくできる職場です。上司の方々との壁もなく、業務以外にも、子育て等のプライベートな相談にも乗ってもらえます。休憩時間はニュースを見たりして過ごしていますが、疲れている時は、昼寝します。飲み会は、年末(忘年会)と職場の人事異動があるときに開催されています。私の職場では、忘年会の恒例イベントとして、各チームのMVPを表彰したり、1年の振返りをプレゼンしたりするのが恒例となっています。残業は、月に25~30時間ほどです。忙しい時は40時間を超えることもあります。休日出勤はほぼないです。

-やりがい

自分が設計したものが出来上がり、運用している機体に使われたときです。初めは分からないことが多く、上司の方々に助けていただきながら業務を進めていたことが多くありましたが、自分一人でアウトプットを出せる案件も増えたことで、業務を通して自分の成長を実感できるようになりました。

-悔しかったこと

出張で部隊訪問に行った際に、直接作業している方の意見や要望、質問を聞くのですが、その場で全く答えられず、全ての質問を持ち帰ってしまったことです。それ以降、なるべくその場で回答できるように、事前に資料を確認するなど、勉強してのぞんでいます。

-この仕事に向いている性格

豊かな発想力のある人です。対策案や、改善案、設計等作業の内容は異なりますが、どうすれば不具合が解決するのか、どうすればよりよい製品になるのか等、自分で考えなければなりません。アイディアの引き出しを増やす、幅広い知識を身に付けるためにも、業務を通じて勉強することも必要となります。

-業務において必要なことや心構え

常に勉強する姿勢が必要です。航空機の規格類は、ほとんど英語で書かれているので、英語の勉強は少しでもしておいた方がいいと思います。私は英語が苦手なので実作業でも苦労しています。また様々な系統の装備品を担当する仕事なので、幅広い知識が必要となります。日々の業務のなかで分からないこと疑問に思ったことは調べたり、質問したりして自分のものとしていく必要があります。設計ツールにおいてもCADAM(2D)からCATIA V5(3D)を使用する機会が増えてきており、CATIAが使えることが自分の武器となるため、使えるよう努力することも必要になると思います。

-私生活

休日に子供と遊ぶことが今一番の楽しみです。先日は同期や会社でのBBQに家族で参加しましたし、岐阜基地航空祭にも行きました。仕事から早く帰宅したときは、家事の手伝いや子供の相手をするようにしています。

同期とのBBQ

エンジニアの仕事 - 防衛機の電装設計

2018年入社(近畿大学卒) -私の仕事 自衛隊、海上保安庁や米軍の様々な航空機の電装設計やマニュアル改定作業を行ってきました。主な作業としては機体の配線経路を表す結線図の作成や、配線用ケーブルやコネクタなどの部品の調査・検討・部品データの整備を行いました。使用ツー...