2017年12月15日金曜日

女性エンジニアに聞いてみた

女性エンジニア数名にインタビューしました。いろいろな回答があり、プロジェクトによって少し事情が違うようです。貴重な意見ですので参考にしてください。

― 職場での女性の割合は?

「20%以下」という回答が大半

― 職場の雰囲気は?

「男性が多いが、男社会ではない」
「性別よりも対個人で柔軟に対応してくれる」
「女性に慣れていないチームは、気の使い方がおかしい」
「昔に比べて環境は改善され、自然な雰囲気になった」
「自由に任せてもらえ、仕事はしやすい」
「情報共有されていて風通しが良い」
「質問には真摯に対応してくれる」
「趣味や関心のあることを聞くのは面白く、社会勉強になる」
「フロアに100人以上いるので静まり返ってはいない」
「若い世代が少なく落ち着いている」
「良くも悪くもない」

― 女性だからこそ活かせることは?

「目が届くので細かい作業やサポート役に向いている」
「相手の気持ちを汲み取ることが上手なので、コミュニケーションが円滑になる」
「職場が和み、明るくなる」
「セクハラのラインを男性社員に教えてあげることができる」
「特になし」

― 女性だから優遇されることは?

「やや対応が優しくなる」
「多少意見を聞き入れてもらいやすいかも」
「席替えの時、重い物を運ぶのを免除してもらえる」
「職場に女性がいてほしいという声は多いと思う」
「危険地域への出張はない」
「人数が少ないので女性のみ対象のイベントが開催された」
「宴会で女性料金になる」
「優遇も冷遇もない男女平等」
「特になし」

エンジニアの仕事 - 防衛機の電装設計

2018年入社(近畿大学卒) -私の仕事 自衛隊、海上保安庁や米軍の様々な航空機の電装設計やマニュアル改定作業を行ってきました。主な作業としては機体の配線経路を表す結線図の作成や、配線用ケーブルやコネクタなどの部品の調査・検討・部品データの整備を行いました。使用ツー...